魚ノ道

Date : 2014年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤビツ・宮ケ瀬

またまたヤビツから宮ケ瀬。
最近こっち方面多いな。

20140518map.jpg
8時すぎに出発。
ひたすら名古木をめざす。
Ave28km/hちょいとなかなかいいペースで到着。
そしてTTスタート!

バス停 14:40
展望台 32:13
頂上  46:42
と前回とほぼ変わらず。
信号停止2回でトータル15秒くらいストップしたかな。。

次回への反省
・善波トンネルで早い人が前にいても、ついていかない。登る前から疲れる。
・スタート前はちょっと休憩すべし。
・蓑毛の坂でちょっと抑えたのはいい感じだった。
・中盤失速注意。心拍一定に保ちたい。

というあたりですかね。45分切りたい。。
最後女性に軽く千切られたし。。

ということでいつもの記念写真。
2014-05-18 001

そのまま裏へ下っていく。
2014-05-18 002

宮ケ瀬も写真だけ撮ってスルー。安定のきれいさ。
2014-05-18 005

宮ケ瀬あたりで、右膝外側に違和感。
先々週痛めてたのが治ってなかったのかな。。
左足中心でペダリングしてたけど、だんだん痛くなってくる。が、家まで40kmある。。

結局40km、左足8割右足2割くらいで帰ってきました。痛い。。
左足のみ売り切れという謎な状態になってしまった。

ペダリングが悪いのか、ポジションが悪いのか、なんなんだろうな。
スポンサーサイト

富士ヒルクライム試走

3週間後に迫ったMt.富士ヒルクライムに向けて、試走へ。
2年前に登ったけど、その時はゆっくり景色を楽しみつつ登ったから、斜度とか雰囲気とかほとんど覚えていない。
そもそも自分がどれくらいで登れるのかが未知数すぎて。

ということで、朝7時半から車で一路富士北麓公園へ。
駐車場は自転車を積んだ車だらけ。予想では今日だけで200人くらいは登ってるんじゃないだろうか。

準備してヒルクライム開始!
夏用ウェアにUVアームカバー。今日はこの装備で大丈夫でした。一応長袖も持ってきていたのだけど。
背中に冬用のレッグ・アームウォーマーとウインドブレーカーを突っ込む。ずっしり重い。。
まずはスタート地点の料金所までゆっくり上って、200円お支払い。

ここから計測開始!
と言いつつ、写真もちょっと撮りながら登る。
2014-05-11 004
富士山がきれい。

道中は心拍を意識しつつ、やや抑えめで登る。
が、心拍はずっと180あたりをキープ。

速度は14km/hくらいを維持な感じ。斜度のゆるい場所では20km/h弱で。
95%くらいはシッティングでいってみた。
というより、ダンシングしたくなるような斜度があんまりない。

道中15~20人くらいパス。ほんとたくさん来てるな!
最後のフラット区間で足がちょっと残ってたからもがいたら38km/hまでいけた。
レースでは後ろにつけると楽できそうだ。
そして最後の坂をダンシングでよじ登ってゴール
心拍190超えてさすがにしんどい。
そして91分22秒。90分切りならず。。
まったく手をつけなかった水750g分と、工具と防寒具をなくして、写真を撮らず、誰かのスリップに入れれば90分切れる…といいな。
水(CCDドリンク)は750mlで余裕でした。

頂上でしばし観光。
富士はまだまだ高い。
2014-05-11 014
雪がかなり残ってて、結構寒い。12度と表示されていた。


下界を見下ろす。
2014-05-11 016

雪の壁。
2014-05-11 020

いい景色。
2014-05-11 026

下りはひたすらエアロポジションでほぼ漕がずに24kmでした。だんだん気温が上がってくるのがわかった。

帰りの山中湖。
2014-05-11 032


帰りの246がやや渋滞していたけど、それ以外は天気も良く、何一つ不満のない試走でした。
本番もこれくらい天気がよいといいな!


データ。
ちょいちょい平地があって速度があがる。
20140511map.jpg

心拍データ。
ひたすら180超え。大丈夫かな。
20140511HR.jpg

宮ケ瀬

妻と宮ケ瀬ダムへ。
20140504map.jpg


朝ゆっくりと10時前出発。

車だらけの中、なんとか登坂開始。
宮ケ瀬への登りは、斜度はそれなりにあるけど短いから一瞬で終わる。
250mアップくらい。
宮ケ瀬ダムはきれいだな。
2014-05-04 007

いつものお店でご飯を食べて出発。
芝生はこんな感じでした。
2014-05-04 008

そこからは山を下って、尾根幹を通って多摩川サイクリングロードで。
多摩サイもやっぱり人だらけでした!

人がいない山の中を走りたい。

プロフィール



Author:ばあど
自転車・魚・ピアノをこよなく愛す
29歳社会人@神奈川東部。
自転車走行記録はこちら

カレンダー

最新記事

コメント

検索フォーム

カテゴリ

戯言タグ

リンク

RSSリンクの表示

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。