魚ノ道

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回銚子マリーナトライアスロン

銚子マリーナトライアスロンに初参戦してきました。
初めてのオリンピックディスタンスです。

前日、銚子近くの妻の実家へ高速飛ばして到着。
アップダウンが激しいというバイクコースを試走し、戻っている途中、重大なことに気が付く…

ウェットスーツを家に忘れてきた・・・!!!

その瞬間フリーズした後、頭フル回転。

買うにもこのあたりにショップはないよな・・・
サーフィン用だったら入手できるか・・・?
家に取りに帰るのは遠いな・・・
スイムスキップ・・・?

結局、片道160kmほどを飛ばして取りに帰る羽目に・・・。
でもなんとか22時半ごろ到着し、無事参加資格を得ることができた。
疲れた!

そして翌日。
気持ちのいい好天!

同じくOD初参戦のひっしーと共に銚子マリーナを目指す。
受付を済ませ、セッティング。
さすがに自分なりのセtッティングが確立し、一瞬で完了。
ばーしーさんを発見し、ご挨拶したりしつつ、スタートを待つ。

スイム。
三角形のコースを2周回。
水温は23度程度ということで、ロングジョンでも全く寒くない。
12087219_10201349930105947_2995789207415742327_o.jpg
遠浅で、一つ目のブイあたりまで走ったりイルカ跳びしたりで進む。
実際に泳ぐのは1200mくらいなんじゃないかな。
スタートの方向を最初に間違えたおかげ(?)で、バトルに全く巻き込まれることなく、インを悠々と泳げた。
1周終わったところで横にばーしーさん、ちょっと前にひっしーを確認。
2週目も特に問題なくクリア。
千本浜の750mよりも楽な気すらした。
やっぱり最初にゆったりスタートになったのがよかったのかな。
0:27:19で148位。

トランジットで先にいるばーしーさんとひっしーを確認。

バイク。
周回コースに入るあたりでばーしーさんとひっしーをほぼ同時にパス。
風が強いけど、思ったほどではなく、DHバーを握ってエアロポジションでひた進む。
やっぱり平地と下りより登りの方が相対的に得意のようだ。
平地で抜かれ、登りで抜き返す、ということを繰り返してた。
1:20:09でバイク85位。
91位通過で、バイクで57人抜いた計算。 

ラン。
一月前におそらく左足を疲労骨折していて以来、練習は1週間前に3km走ったのみ。
そしてその3kmでも骨折部分が痛くなっていたから、DNF覚悟で挑む。
1周目、バイクの疲れがあり、足が動かない。
ランはやっぱり最初が一番つらい。
左足をかばいつつ、恐る恐る進む。超抜かれる。
2週目あたりで、足が回復してきた。
そして疲労骨折部位も痛む気配がない。
3、4週目も順調に抜かれつつ、ゴール!
疲労骨折の足もどうやら無事っぽい。
ランは0:52:30で224位。

トータル2:39:58で131位。
ランで46人に抜かれたのか・・・。
でも千本浜の倍より早くなってたからよしとしよう。
スポンサーサイト

2015千本浜トライアスロン

毎年恒例千本浜トライアスロンです。
スイム750、バイク20、ラン5のスプリント。

去年同様、三島の後輩宅に泊めてもらって翌日5時半起床。
そして出場者仲間と沼津まで自走。
もう出場5回目ともなると、慣れたものですね。
今年はバイクボトルを凍らせてみました。

トランジットエリアのセッティングもだいぶ慣れてきて、いつも通りに配置。
攣り防止に塩タブレットをポケットに忍ばせてみました。

スイム。
調子に乗って、一番近い場所の先頭からスタート。
飛び出そうとするも、案の定バトルで沈められたりゴーグル外れたり、えらいこっちゃでした。
200mくらい進んでからは平穏にひたすら泳いで陸上へ。
出遅れたかと思っていましたが、リザルトを見るとまぁまぁ悪くはないタイム。

そしてトランジット。
スイムの得意な後輩の姿をとらえ、トランジットの時間差で、バイクをほぼ同時スタート。
その後、リレーで出場の仲間をとらえ、淡々と進む。32-33km/hくらい。
帰りも33km/hくらいで進み、トランジット。

ラン1週目が一番きつかった。
水をかぶり、VAAMを飲み、ちょっとペースを落として進む。
2週目あたりで回復してきたから、そこからゴールまでは全開で!
結果は総合25位/148人、30代10位/30人でした。
去年より総合上がって満足!
だいぶトライアスロンという競技に慣れてきた気がします。

横浜シーサイドトライアスロン

八景島で行われるトライアスロン。

金沢文庫から自走で八景島入り。乗換するよりこれがベストだろうな。
会場について、適当に場所を確保し、受付。
すんなり終わってトランジットエリアオープンを待つ。
トイレがなぜか全然混んでない。

バイクセッティングも3度目のトライアスロンにしてだんだん慣れてきた。
ちゃちゃっと終了。
20140928-1.jpg

会場アナウンス。
S400-B20-R5の予定だったけど、強風のため、S200に短縮だと。
沼津に続き、キャンセルにならなくてよかったけど。。

そしてスタート。

まずはスイム。
スタート直前になぜか足の裏が攣る。。
なんでこのタイミングで。。まだ動いてないのに。。
1人足の裏を伸ばし、なんとか治ったと同時にスタートの号砲。

水温もかなり高く、ロングジョンで余裕。水もきれい。
200mは一瞬だ。
でも一瞬だからこそ、最初から最後までずっとバトル状態。意外とキツイ。。
ラップを取り忘れてよくわかんなくなったけど、まずまずの順位でスイムアップ。

そしてトランジットエリアまで走る。走る。。走る。。。
400mほどあるらしい。スイムより長いじゃねぇか。
裸足で400mは意外と遠い。
トランジットエリアは砂混じりの人工芝?のような地面で、足が砂だらけ。
砂を落として靴下をはくのにやや手間取る。。

バイクスタート。
乗車してすぐ結構な坂が現れる。
ここで何人かパス。
そして周回コースへ。
行きは結構強烈な向い風。帰りはその分追い風。
行きは30km/hくらいで、帰り40km/hくらいでひた走る。
今回初めてレースで使用するDHバーはいい感じ。
たぶん4周回で100人くらい抜いたはず。そして1人抜かれた。
そんな感じでひたすら快調に飛ばし、バイクフィニッシュ。

バイクを降りた瞬間足が攣りかける。。
ぬぐぉぉおっと、塩分補給し、だましだましランスタート。
こんなジェットコースターの横ってか下を走ってく。
20140928-2.jpg

最初はずっと攣りかけた状態だったけど、攣りかけているにしては快調に走る。
アクエリをガンガン補給して塩分補給。
一か所橋を渡るところでちょっとしたアップダウンあり。
ランは抜くでもなく、抜かれるでもなく、ほぼ順位キープで走り続ける。
2周回目の途中あたりから攣る気配が消えたので、ちょっとペースアップ。
そして最後500mくらいは大幅ペースアップでそのままゴール!
ゴール後しばらく停め忘れていた時計から察するに、1時間5分くらい?かな?
それなりに頑張ってた気がするけど、さすがに表彰台は遠いですね。あと10分短縮せねば。。。

今回の心拍データ。
20140928hr.jpg
スイムはデータなし。
バイクは周回ごとに心拍落ちてる。
ランは途中失速してる。
そして最後全力で心拍196まで上げてゴール!

水浴びて、乾かしながら観戦して、着替えて、バイク回収して、帰宅。
次はトランジットをもうちょっと短縮したいな。

千本浜トライアスロン

毎年恒例千本浜トライアスロンに行ってきました。
スイム750、バイク20、ラン5のスプリント。

同じく出場する三島の後輩宅に泊めてもらい、朝5時起床で準備。
TVつけたら妖怪ウォッチやってた。これが噂の。。

おにぎり2個とでっかい菓子パン一つ食べて、6時過ぎに出発。
会社の出場者みなさまと合流して沼津まで自走。

いつもの場所を確保し、受付を済ませ、ウェットを着込んで準備してたら、運営から不穏なアナウンスが。
潮流が速く、ブイの設営が難航しているらしい。

そして、スイムキャンセルでラン5kmからのデュアスロンに変更になると。。
潮流50m/sじゃ進まないから仕方がない。
みなさんの落胆がすごかったけど、さすがそこはみんな気持ちを切り替え、準備変更してた。
ランのアップを始めてるひともたくさんいて、行動早いな、と感心。

写真はまだスイムがあると信じて準備をしていたころ。
2014-08-03.jpg

デュアスロンてどんなペースで行けばいいのかよくわからないけど、とりあえず心拍を目安に行ってみる。
と思ってたけど、あとから見てみると190超えたりしてた。。
20140803心拍

ランスタート。
堤防を走り、折り返して松林の中を走っていくコース。
今回会社から個人参戦が自分含めて4人、リレー参戦が2チーム。
リレーのスイム→ランはつらいな。。
トランジットあたりで時計を見ると、22:30くらい。
キロ4:30くらいでまずまずのペース。

続いてバイク。
ラン→バイクのトランジットは一瞬で終了。
堤防の上を往復するコースで、行きはやや向い風。
完全にフラットなので、ひたすら淡々と32km/hくらいで突き進む。
折り返してからはやや追い風で、35-40km/hくらいで。
ここでだいぶ順位を上げられたはずだけど、心拍を見るとちょっと休んでいる感もある。
もうちょいいけたかな、と反省。

そして2ndラン。
去年は体調不良もあり、ここからの5kmに絶望してたけど、今年は足が元気。
結構余裕の状態で走り出す。
ブリック練習をそれなりにやってたのがよかったのかな。

道中水を大量に浴び、ポカリを大量に飲みながら進むが、途中で足裏に違和感。。
水をかぶりすぎて靴が濡れたのか、靴擦れのようになったっぽい。
が、残り1kmくらいなので、ちょっと走り方を変えつつだましながら進む。
そしてゴール!
去年の何倍も楽だった気がする。このままもう一周行けそうなくらい。
ということは、もっと追い込めたはず、ということでもあるのだけど。

そして、リザルトを見ると、エイジ2位!
総合では30位なのだけど、20代が少なく、かつ総合3位以内に一人入ってて、エイジから除外されていたから、運よく2位。
30台だったら一桁順位ですらないという。。
ということでラッキーではあるけれど、表彰台なんぞに登らせてもらいました。

来年こそはオリンピックディスタンス出たいな。

富士ヒルクライム

富士ヒルクライムに行ってきました!
初めてのヒルクライムレースでした。

試走で90分ちょいだったから、90分切ることを目標に。

土曜日。
朝レンタカーに自転車と車中泊グッズを積んで、一路富士山を目指す。
お昼過ぎに富士北麓公園に到着。
車が多すぎてまったく駐車場に入れず、ドギーパークに停めて自転車で向かう。

受付は一瞬で終了。陸上競技場にぐるっとあるブースを周ってたら2時間も経ってしまった。
いろいろ安いな!
KUREのブースでチェーン洗浄してもらったり。

宿は道の駅富士吉田で。
富士山の湧き水が飲めて快適。
こんな景色。
2014-05-31 014

なんか車中泊をすると、自転車旅行時代を思い出して楽しい。
周りも自転車を積んだ車だらけ。

前日あまり寝てなかったこともあり、21時には就寝。

・・・

そして午前3時半、周りの準備を始める音で目覚め、とりあえず朝ごはんを食べて移動。
駐車場はドギーパーク。
4時の駐車場オープンとほぼ同時に到着して、結構いい場所をゲット!
計測機のタイラップを切る道具がなく、近くの人にニッパーを借りたりしつつ、準備。
5時半ごろ会場へ移動!

富士山もこんな感じに見え、超いい天気!
2014-06-01-1.jpg

5合目に運んでもらう荷物を預け、すたんばる。
目標タイム90分で申請してたので、ゼッケンは7000番台。
荷物を預けてから1時間半もある。。

まちぼうけ。
2014-06-01-02.jpg

スタート前。自転車だらけ。人生で一番ロードバイクを見た日だろう。
2014-06-01-4.jpg

そして7時40分スタート!
ボトルは750mlを1本。
1kmくらいはパレード走行で、計測しない区間。心拍を165くらいまで上げつつまったり走る。
計測開始と同時に心拍185あたりへ!
こっからゴールまで、心拍185-190あたりをキープしてました。死ぬ。

ステムに90分の目標タイムでの中間の時間を張り付けていたので、それを目安にしつつ走る。
といいつつ、速度は全く気にせずに心拍を維持することだけに集中して走る。

ほぼダンシングはなしで、ひたすらケイデンスキープでクルクルと。
トータル500人くらいは抜かしたのではないかと思うくらいごぼう抜き。
たぶん目標タイム設定を間違えてたのだろう。。
いずれにせよ気持ちいい。
そして、5km地点で予定タイムより2分早い。これはブロンズいけるぞ!とそのまま突き進む。

そんなこんなで特にきついこともなく最後の平たん区間へ。
一気に35km/hまで上げる!と足が攣りそうに。。
やっぱりキテるな。。と思いつつ、だましだましツキイチで走り抜ける。

最後の最後で待ち受ける8%の坂で右ふくらはぎがほぼ攣りかけるも、走りながらのストレッチと手でのもみほぐしでなんとかギリギリゴール!
手元の時計で82分59秒!目標を7分切りました!

データはこんな感じ。
20140601map.jpg

心拍的にはもうちょっといけた気がするので、途中もう少し追い込んでもよかったかも。
ただ、足が攣ってしまうので、心肺に余裕があってもイミナシ。。
塩分取らないと。
来年は80分切りをめざしてがんばろう。

頂上で。
ヒルクライム界で有名人のキクミミさんは81分30秒くらいだと。ママチャリとこのかっこうで。負けた。。
2014-06-01 006

南アルプスもきれい。
2014-06-01-3.jpg

頂上で元ちゃりだーの方々など4名と合流。
ちゃんと走ってる方もいらっしゃったのですね。知らなかった。

頂上は天気が良すぎて防寒着はまったくいらなかった。
下山時にも半そでレーパンで余裕でした。むしろ暑いくらい。

下山してうどん。
2014-06-01 014

初めてのヒルクライムレースは天気のよさもあり、かなり満足度の高いイベントでした!
これは来年以降も継続して出たいな。

ヤビツ・宮ケ瀬

またまたヤビツから宮ケ瀬。
最近こっち方面多いな。

20140518map.jpg
8時すぎに出発。
ひたすら名古木をめざす。
Ave28km/hちょいとなかなかいいペースで到着。
そしてTTスタート!

バス停 14:40
展望台 32:13
頂上  46:42
と前回とほぼ変わらず。
信号停止2回でトータル15秒くらいストップしたかな。。

次回への反省
・善波トンネルで早い人が前にいても、ついていかない。登る前から疲れる。
・スタート前はちょっと休憩すべし。
・蓑毛の坂でちょっと抑えたのはいい感じだった。
・中盤失速注意。心拍一定に保ちたい。

というあたりですかね。45分切りたい。。
最後女性に軽く千切られたし。。

ということでいつもの記念写真。
2014-05-18 001

そのまま裏へ下っていく。
2014-05-18 002

宮ケ瀬も写真だけ撮ってスルー。安定のきれいさ。
2014-05-18 005

宮ケ瀬あたりで、右膝外側に違和感。
先々週痛めてたのが治ってなかったのかな。。
左足中心でペダリングしてたけど、だんだん痛くなってくる。が、家まで40kmある。。

結局40km、左足8割右足2割くらいで帰ってきました。痛い。。
左足のみ売り切れという謎な状態になってしまった。

ペダリングが悪いのか、ポジションが悪いのか、なんなんだろうな。

富士ヒルクライム試走

3週間後に迫ったMt.富士ヒルクライムに向けて、試走へ。
2年前に登ったけど、その時はゆっくり景色を楽しみつつ登ったから、斜度とか雰囲気とかほとんど覚えていない。
そもそも自分がどれくらいで登れるのかが未知数すぎて。

ということで、朝7時半から車で一路富士北麓公園へ。
駐車場は自転車を積んだ車だらけ。予想では今日だけで200人くらいは登ってるんじゃないだろうか。

準備してヒルクライム開始!
夏用ウェアにUVアームカバー。今日はこの装備で大丈夫でした。一応長袖も持ってきていたのだけど。
背中に冬用のレッグ・アームウォーマーとウインドブレーカーを突っ込む。ずっしり重い。。
まずはスタート地点の料金所までゆっくり上って、200円お支払い。

ここから計測開始!
と言いつつ、写真もちょっと撮りながら登る。
2014-05-11 004
富士山がきれい。

道中は心拍を意識しつつ、やや抑えめで登る。
が、心拍はずっと180あたりをキープ。

速度は14km/hくらいを維持な感じ。斜度のゆるい場所では20km/h弱で。
95%くらいはシッティングでいってみた。
というより、ダンシングしたくなるような斜度があんまりない。

道中15~20人くらいパス。ほんとたくさん来てるな!
最後のフラット区間で足がちょっと残ってたからもがいたら38km/hまでいけた。
レースでは後ろにつけると楽できそうだ。
そして最後の坂をダンシングでよじ登ってゴール
心拍190超えてさすがにしんどい。
そして91分22秒。90分切りならず。。
まったく手をつけなかった水750g分と、工具と防寒具をなくして、写真を撮らず、誰かのスリップに入れれば90分切れる…といいな。
水(CCDドリンク)は750mlで余裕でした。

頂上でしばし観光。
富士はまだまだ高い。
2014-05-11 014
雪がかなり残ってて、結構寒い。12度と表示されていた。


下界を見下ろす。
2014-05-11 016

雪の壁。
2014-05-11 020

いい景色。
2014-05-11 026

下りはひたすらエアロポジションでほぼ漕がずに24kmでした。だんだん気温が上がってくるのがわかった。

帰りの山中湖。
2014-05-11 032


帰りの246がやや渋滞していたけど、それ以外は天気も良く、何一つ不満のない試走でした。
本番もこれくらい天気がよいといいな!


データ。
ちょいちょい平地があって速度があがる。
20140511map.jpg

心拍データ。
ひたすら180超え。大丈夫かな。
20140511HR.jpg

宮ケ瀬

妻と宮ケ瀬ダムへ。
20140504map.jpg


朝ゆっくりと10時前出発。

車だらけの中、なんとか登坂開始。
宮ケ瀬への登りは、斜度はそれなりにあるけど短いから一瞬で終わる。
250mアップくらい。
宮ケ瀬ダムはきれいだな。
2014-05-04 007

いつものお店でご飯を食べて出発。
芝生はこんな感じでした。
2014-05-04 008

そこからは山を下って、尾根幹を通って多摩川サイクリングロードで。
多摩サイもやっぱり人だらけでした!

人がいない山の中を走りたい。

ゴルフ場コース

ゴルフ場から尾根幹通ってよみうりランドのコース。
20140427map.jpg

メインは尾根幹とランド坂。
ランド坂、意外ときつい。短いのだけど。

ということで、さくっと2時間半でした。

ヤビツ・宮ケ瀬

富士ヒルクライムに向けて山でも走ろうと、ヤビツを目指す。
8時10分ごろ出発で、10時20分到着。45km。遠い。。

20140413map.jpg

名古木で後輩女子と待ち合わせての出発。
申告タイムを元に、10分のスタート差をつけて出発!

バス停 14:40
展望台 32:07
頂上  47:00

後半ダレダレでした。。
次回はとりあえず45分を目標に行きます。

お祭りで30秒くらい停止したから、ほんとは46:30くらい!ということにしておきます!

後輩女子を展望台ちょい後で捉える。
2014-04-13 001

ゴール!1時間ほどだったよう。やるな。
2014-04-13 004

頂上には30人くらいのロードが。
みんな坂好きだな!

浦ヤビツ下って宮ケ瀬へ。
2014-04-13 008

桜きれい。
2014-04-13 009


全体的によい道でした!
ヤビツ入口がもっと近ければよいのだけど。。

和田峠(通行止め)

和田峠に行こうと、8時45分出発。

長袖ジャージと夏用グローブでちょうどいい気温。
地図。112km。
20140323map.jpg

ほぼ平地で和田峠入口あたりまで。45kmくらいで到着。
最後のコンビニで補給できずに突っ込んでしまったが、夕やけ小やけふれあいの里でどら焼きをゲットできた。助かった。

道はこんな感じ。ガードレールが緑。
2014-03-23 004

道の横には雪もまだ大量に。
2014-03-23 005


そして、和田峠入口へ。
タイムトライアル区間から、計測開始。して間もなく・・・

通行止め。。。
2014-03-23 007

なんてこった。
先客が2人いて、3人で立ち往生。
ちょいと進んでみるものの、雪と雪解け水でダメそうでした。。残念。

ということで、消化不良のまま下山し、一路帰路へ。
全開で回しまくったらあっちゅう間に家に着いた。和田峠近いな。

しかしこの車の多さが何とも言えない。
峠一つ登るために交通量の多い道を40km走るのはなんとも。。
輪行していくか、引っ越すか、どっちかだな。

三浦半島

自転車も買ったことだし、三浦半島一周。

妻と出発したが、妻は途中離脱。

地図。
20140316map.jpg


夫婦橋。
2014-03-16 001


最初から最後までものすごい強風だった。
三崎あたりの南風が強烈。8m/sて。
思わずショートカットで逃げた。

久里浜あたりのコンビニで昼休憩がてら、NEW BIKEの写真撮影!
2014-03-16 005
この数秒後にNEW BIKEが風で倒れることになるとは・・・

帰りは追い風でハイペース。

一気に鎌倉へ。
2014-03-16 008

そのままY'sに寄って帰宅。
100km走ったのは今年初か。
新車はよく進むな。登りが軽い。

小田原往復

Z会自転車部で。

朝6時出発で集合場所の小田原を目指す。遠い。。

基本国道1号でひた走る。
8時50分ごろ到着。Ave28.0km/h。まずまず。

そこからは総勢7人で出発。
のんびりライドで。
途中パンクしたり、リアディレイラー吹っ飛んだりというトラブルも発生してたけど、なんとか到着。

ご飯もおいしいし、景色もよいし、天気も良いし、自転車日和でした。
彼岸花がたくさん咲いてて、もうそんな季節か、と思ったり。

久々の150km越えだったけど、半分くらいがのんびりライドだったから、最後まで元気有り余ってる感じだった。
再来週の雫石もいい感じでいけそうだ。

ふじあざみライン

2011年はスカイライン、2012年はスバルラインと富士山五合目に上ったので、今年は凶悪と名高いあざみラインを突破する。

朝6時前起床で、天気予報とtwitter情報をチェック。
早朝の富士山情報が写真付きで見れるなんて、twitterは便利だ。
ということで、快晴の富士山に向かって出発!

まず、登戸までの12kmをタイムトライアル。
電車の出る35分前に出発。途中ペースアップし35-40km/hで走るも、駅到着時点で電車出発5分前。
2分で輪行完了し、3分で改札くぐり最後尾車両へ走る。
乗り込んだ5秒後にドア閉まる。
朝からギリギリだぜ。

9時前に御殿場駅到着。
9時過ぎに出発!暑い!

とりあえず10kmで300mアップし、あざみライン入口を目指す。
ローソンで補給し、出陣!

2013-08-31 002
富士山を真正面に見ながらまっすぐ登る。
このあたりはまだ斜度5%とかそのくらいで、余裕余裕。

2013-08-31 004
このあたりから道がぐにゃぐにゃし始める。と同時に、斜度が上がってくる。。

15%が普通になり、17%で蛇行し、20%を超えたあたりで死にそうに。。
時々10%くらいの斜度になると、もう平地のように思える。
10%が休息区間とか、どんな状態だ。
こんな区間が3kmくらい続く。凶悪だ!

9kmくらいからは緩やかな坂になって、ゴールへ!
緩やかといっても10%弱なのだけど。

2013-08-31 010
到着!
雲の高さへ。しかしよく走るなぁ。

2013-08-31 011
これで富士五合目3つ制覇!

2013-08-31 012
いつもの記念写真

2013-08-31 019
山頂の方も天気がよさそう。

2013-08-31 026
いい景色だ。

2013-08-31 028
もう一枚記念写真

下りは快走。
最後の直線はこがなくても70km/hを余裕で超え、あれよあれよと80km/hが…
楽に感じてた直線でもこんな状態だったのか。。。


地図
ということで、地図と標高。
山だなぁ。

坂好きといえど、ここに一人で行くことはないだろうし、ここを走るレースにも絶対出たくないけど、
走りたいという奇特な方がいらっしゃれば年1回くらい行ってもよいかな。
いままでで一番きつい坂だったけど楽しかった!

宮ケ瀬湖

宮ケ瀬湖へ妻と。

ぐるっと反時計回り。
20130630map.jpg

宮ケ瀬湖へののぼり。250mくらいアップだけど、そんなにきつくはない。
2013-06-30 004

湖はいいねぇ。
2013-06-30 007

写真を撮っているように見えるが、水を飲んでいるだけ。
2013-06-30 008

お昼ご飯にキッシュ!おしゃれだ。
2013-06-30 009

宮ケ瀬の一部が観光地っぽくなっていて、広大な芝生があったり、車で来ても楽しそう。
2013-06-30 010

道中の市街地は車が多かったけど、湖あたりはなかなかよいところでした。
自転車の人もたくさん。
そしてやっぱり妻速い。

富良野GREAT EARTH

富良野GREAT EARTHですよ!
会社の自転車部総勢10名で参加。結構な大所帯だ。

こんなコース。アップダウン少々。平地もたくさん。
20130623map.jpg

朝っぱらからみんなで宿からスタート地点まで走る。5kmくらい。
2013-06-23 001

スタート地点。人がたくさん!
参加者は800人くらいだったみたいですよ。
2013-06-23 006

メインナビゲーターは白戸太朗さん。相変わらずカッコイイ。
ゲストライダーとして先頭を引っ張るのは竹谷賢二さん。アテネ五輪代表だけあって、超速い。
レベルが違うとかそんな次元じゃない。
2013-06-23 007

レースではないので、ちょこっとずつ順番にスタート。
比較的前の方にいたので、先頭スタートから数分後くらいにはスタート。
スタッフの先導で走る。
途中、前の集団に追いついたりしつつ、あっというまに16km先の第一エイドへ到着。

第一エイドはメロンアイス。超うまい!
が、竹谷さんと走るにはここで先頭集団で出発する必要がある。
ということで、そそくさと食べて出発!
2013-06-23 009

さきほどより少しペースを上げて第2エイドまで走る。
ここまで妻もついてきた!やるな。
このエイドはジンギスカンがあるが、帰りに寄ることにして、3分の滞在で出発。
ジンギスカンよ、また会おう。

ここから拓真館までアップダウンが続く。そんな中、竹谷さんがペースアップ。
結構たくさんいた先頭集団もここで人数が減り、10名程度に。
と思ったら、竹谷さんと先頭のスタッフの方と自分の3人だけになったり。
そして…千切れる。。
限界超えてお花畑見えそう。


下りでゆっくり待ってくださるので、集団をまた形成し、のぼりでまたバラケ、という繰り返しで拓真館到着!
到着前に足が攣りかけた。が、走りながらのマッサージと拓真館でのウィダーインゼリーで回復。よかったよかった。
2013-06-23 013


また下ったり登ったりしながら、先ほどジンギスカンをスルーした日の出公園へ到着。
ジンギスカンもオニギリもアスパラもうまい!
30分遅れで出発した85kmの部のオザワと合流できたので、一緒にお昼ご飯。

ここで、先頭集団の名前が「チーム タンクトップ」になる。
みんな変なテンションだからやたら面白いw

バイクラックとなりにかかっていたバイク。これは山強くないとおいそれと乗れないな。
2013-06-23 014

日の出公園を出発し、ちょっとしたエイドに一瞬だけ立ち寄り、ヒルクライム開始。
といっても、なだらかな坂で300m弱上るだけ。

なのだが、竹谷さん速い。。
あっというまに引きちぎられ、そして他の方にも置いて行かれ、頂上の原始の泉に着いたのは6番手。たぶん。
2013-06-23 017

下って登って、次のエイド。ザンギがうまい!肉だ肉だ。
2013-06-23 019


肉を食べたら、みんなでダウンヒル。
みんなエアロポジションをとって下っていくという、ファンライドらしからぬ光景w
富良野バーガーのエイドステーションで休憩して出発。

竹谷さん「最後なんで流していきましょう。45km/hくらいで。」
流すってなんでしょうね。

そして、言葉通り40-45km/hで流す。
スタッフさんの後ろについていたが、超速いスタッフさんも千切れる。
自分も風を受けて追うだけの力はない。。
と思ったら、後ろから一人すっ飛んで行った。すげぇ。
後ろを見るともう5人くらいしか残ってない。。。

信号待ちで追いつき、10人ちょっとの集団で最後は本当に流してゴール。
先頭の方々。女性も一人残っているのがすごい。
2013-06-23 026

竹谷さんと記念写真!
115kmずっと先頭を引いてなお、最後に全員引き千切るとか、どんな構造してるのか謎だ。
2013-06-23 028

会社の方々もみんな完走!お疲れ様でした!
2013-06-23 047

こんな景色。最高だね。
2013-06-23 049

夜はフィニッシュパーティーという名の打ち上げ。
飲んだ飲んだ!
2013-06-23 081

コースも景色もペースもすべて最高のイベントでした!
また来年も来てしまいそうだ。

富良野2日目

富良野周辺を散策。66km。

ややボコボコはしているが、最大で200mくらいの標高差。10%ののぼりがときどきキツイくらい。
ゆっくり上ればそんなにしんどくはない。
20130622map.jpg

ジェットコースターの路。
まっすぐでアップダウンが続く。楽しい。
2013-06-22 006

ジェットコースターに向けてみんな出発!ごぼう抜く!
2013-06-22 012

ごぼう抜いた!
最初に上ってきたのは妻。なんだかんだで坂強いな。
2013-06-22 013

続々と登りきる。パラパラ小雨だが、いい景色。
2013-06-22 026

下って、国道から帰路へ。

親分パンク修理の図。
パンク修理講習会開催。
2013-06-22 029


富良野は平地でまっすぐ。TTとかやりたくなる。
2013-06-22 035

やっぱりいいところ!

富良野1日目

旭川空港から富良野のペンションまで。
40km少々。アップダウンは少しはあるけど、たいしたことはない。
総勢9名+サポートカー1台。ありがとうございます!
20130621map.jpg

坂を上るみなさん。
2013-06-21 004

北海道はフキがでかい。そりゃコロボックルもいるわ。
2013-06-21 009

ケンとメリーの木。
2013-06-21 017

畑が広大。
2013-06-21 026

単なる移動なので、強度低。でも景色は最高で富良野はよいとこですね。

三浦半島一周

三浦半島一周。
朝9時40分→15時20分。
113.71km
Ave.26.0km/h
走行時間:4:22:39
ほぼ平地。超暑い。

地図。
マップ



夫婦橋から。
2013-06-15 001

久里浜あたりの海でおひるごはん。
2013-06-15 002

鶴岡八幡宮は人ごみ&渋滞。
2013-06-15 005

読売ランド

GPSを買って楽しくなって走ってきた。
ASG-CM13というやつ。

ルートを事前にPCで作って転送すると、地図上にルートと現在地が表示される。
高度とか気圧とかも表示される。

そして帰ってくると、こんな地図が勝手にできあがる。
20120712map.jpg

さて。
今日は雨予報の中出て行ったが、予報どおり途中から雨。。
GPSには雨宿りしたことまで記録されてしまった。
GPSすごいな!

プロフィール



Author:ばあど
自転車・魚・ピアノをこよなく愛す
29歳社会人@神奈川東部。
自転車走行記録はこちら

カレンダー

最新記事

コメント

検索フォーム

カテゴリ

戯言タグ

リンク

RSSリンクの表示

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。